老眼(老視)とは? - 老眼 関連用語

老眼や老眼治療についての用語をまとめました。他の記事で分からない言葉が出てきた場合は、こちらのカテゴリで確認してください。

老眼(老視)とは?

老眼とは、一般的に40歳過ぎから眼の調節力が衰えて、近くのものが見えにくくなる現象を言います。
”老”という文字を使っているため、老いの象徴のように思いがちですが、
老眼は、30代前半で感じる方もいます。

老眼になっていることは、分かりにくく、
・辞書や新聞、雑誌、地図などの細かいものを見ていると疲れやすくなった。
・細かいものから少し離すと見やすくなった。
・暗いところで見にくい。

などの症状が現れたら、老眼を疑った方がいいでしょう。
個人差がありますが、60歳前後で老眼の進行は止まるといわれています。

老眼(老視)とは?の続きを読む

老眼 関連用語の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

老眼回復手術なら品川近視クリニック

Copyright (C) 2008 All Rights Reserved 老眼回復手術で老眼治療 おすすめCK案内所