老眼(老視)とは?

老眼とは、一般的に40歳過ぎから眼の調節力が衰えて、近くのものが見えにくくなる現象を言います。”老”という文字を使っているため、老いの象徴のように思いがちですが、老眼は、30代前半で感じる方もいます。

老眼(老視)とは?

老眼とは、一般的に40歳過ぎから眼の調節力が衰えて、近くのものが見えにくくなる現象を言います。
”老”という文字を使っているため、老いの象徴のように思いがちですが、
老眼は、30代前半で感じる方もいます。

老眼になっていることは、分かりにくく、
・辞書や新聞、雑誌、地図などの細かいものを見ていると疲れやすくなった。
・細かいものから少し離すと見やすくなった。
・暗いところで見にくい。

などの症状が現れたら、老眼を疑った方がいいでしょう。
個人差がありますが、60歳前後で老眼の進行は止まるといわれています。

老眼の特徴は、近くのものだけが見えにくくなり、
遠くのものは、今までどおり見えます。

老眼を感じ始める年齢は、その人の眼の屈折状態(近視、乱視など)で、
変わってきます。
老眼は誰でもなる現象で、自分だけは起こらないなんてことはありません^^

▽老眼(老視)とは? のキーワード

▽次の記事、前の記事

| 免責事項

老眼回復手術で老眼治療 おすすめCK案内所 : 新着記事

老眼矯正治療を受けられない方とは : 2009年2月 5日
老眼治療は老視矯正治療を受けられる条件を満たしていれば、みんなが受けられる訳ではありません。レーシック(近視矯正手術)といっしょで受けられない条件というものがあります。
老視矯正治療を受けられる条件 : 2009年2月 4日
老視矯正治療は、老眼になったら誰もが受けられる治療法ではなく、ある条件を満たしていなければいけません。
老眼治療とは : 2009年1月18日
老眼治療をすれば、老眼鏡をかけずに近くも遠くも見ることができるようになります。最新技術の老眼治療をすれば、そんな夢のような生活もすぐに手に入れることができるようになるのです。
免責事項 : 2009年1月13日
当サイトに来ていただきありがとうございます。老眼回復手術は、老眼を治療するという素晴らしい手術ですが、デメリットもあるということを十分承知して受けるようにしましょう。
老眼(老視)とは? : 2009年1月12日
老眼とは、一般的に40歳過ぎから眼の調節力が衰えて、近くのものが見えにくくなる現象を言います。”老”という文字を使っているため、老いの象徴のように思いがちですが、老眼は、30代前半で感じる方もいます。

▽老眼(老視)とは? のレビューをブログに書く

ブログのネタに使う場合は、以下のリンクソースをブログに貼るだけでOKです。

▽老眼(老視)とは? にトラックバックする

老眼(老視)とは? のトラックバックURL:
http://www.niztek.com/cgi/mt-tb.cgi/2

▽老眼(老視)とは? にコメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、
コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

 

 

 


今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

老眼回復手術なら品川近視クリニック

Copyright (C) 2008 All Rights Reserved 老眼回復手術で老眼治療 おすすめCK案内所