老眼治療とは

老眼治療をすれば、老眼鏡をかけずに近くも遠くも見ることができるようになります。最新技術の老眼治療をすれば、そんな夢のような生活もすぐに手に入れることができるようになるのです。

老眼治療とは

老眼治療をすれば、老眼鏡をかけずに近くも遠くも見ることができるようになります。最新技術の老眼治療をすれば、そんな夢のような生活もすぐに手に入れることができるようになるのです。

老眼治療「NearVision CK」
CK(Conductive Keratoplasty)とは、伝導性角膜形成術という治療名称の略語。ラジオ波によって、遠くも近くも見える「ブレンドビジョン」を作り出す最新の医療技術。

・より高い安全性
メスやレーザーを使わず、ラジオ波(高周波)を使うことで、
より安全性を高めています。
治療時間は3分程度で、痛みを感じることもありません。

・遠近両用レンズ
ラジオ波をあてて、角膜のカーブを矯正します。
このカーブが遠近両用のレンズとなり、
遠くも近くも見える「ブレンドビジョン」が形成されます。

■ 老眼治療CKを受けられる条件
年齢が45歳以上の方
・矯正なしの裸眼できちんと見え、視野の狭まりや視野欠損などない健康な目の方
・近くを見るときに老眼鏡に頼って生活している方
角膜中心部の厚みが570μm以下で、中心から6mm付近の厚みが560μm以上の方
・角膜曲率半径が41.0D〜45.0D以内の人の方
・その他、老眼は進行するものと理解し、将来的に追加治療が必要になることを理解される方

上記の条件は、適応検査で受けられるかどうかわかりますので、
老眼治療を受けたい方は、最初に適応検査を受けてもらうことになります。

■ 老眼治療CKでなぜ遠近見える?
人の眼は、遠くを見るときに角膜の中心を使い、
近くを見るときは角膜の外側を使います。
老眼治療CKは、角膜の外側にラジオ波をあててコラーゲン組織の一部を収縮させます。外側だけにラジオ波を当てると、角膜の中心は元の形状を保ち、
外周のカーブのみが矯正され、遠くの視力を維持したまま、近くの視力を向上させます。

■ 老眼治療CKの手順
老眼治療 CK

点眼麻酔をしっかりしますので、痛みなどは一切ありません。

参考:
神戸クリニック

▽老眼治療とは のキーワード

▽次の記事、前の記事

免責事項 | 老視矯正治療を受けられる条件

老眼回復手術で老眼治療 おすすめCK案内所 : 新着記事

老眼矯正治療を受けられない方とは : 2009年2月 5日
老眼治療は老視矯正治療を受けられる条件を満たしていれば、みんなが受けられる訳ではありません。レーシック(近視矯正手術)といっしょで受けられない条件というものがあります。
老視矯正治療を受けられる条件 : 2009年2月 4日
老視矯正治療は、老眼になったら誰もが受けられる治療法ではなく、ある条件を満たしていなければいけません。
老眼治療とは : 2009年1月18日
老眼治療をすれば、老眼鏡をかけずに近くも遠くも見ることができるようになります。最新技術の老眼治療をすれば、そんな夢のような生活もすぐに手に入れることができるようになるのです。
免責事項 : 2009年1月13日
当サイトに来ていただきありがとうございます。老眼回復手術は、老眼を治療するという素晴らしい手術ですが、デメリットもあるということを十分承知して受けるようにしましょう。
老眼(老視)とは? : 2009年1月12日
老眼とは、一般的に40歳過ぎから眼の調節力が衰えて、近くのものが見えにくくなる現象を言います。”老”という文字を使っているため、老いの象徴のように思いがちですが、老眼は、30代前半で感じる方もいます。

▽老眼治療とは のレビューをブログに書く

ブログのネタに使う場合は、以下のリンクソースをブログに貼るだけでOKです。

▽老眼治療とは にトラックバックする

老眼治療とは のトラックバックURL:
http://www.niztek.com/cgi/mt-tb.cgi/1

▽老眼治療とは にコメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、
コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

 

 

 


今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

老眼回復手術なら品川近視クリニック

Copyright (C) 2008 All Rights Reserved 老眼回復手術で老眼治療 おすすめCK案内所