老眼手術後の 症状 と 合併症

老眼手術はメリットが多いですが、デメリットと言えることもあります。ここでは、手術後の合併症を紹介します。

老眼手術後の 症状 と 合併症

老眼手術はメリットが多いですが、デメリットと言えることもあります。
ここでは、手術後の合併症を紹介します。

ドライアイ
術後数ヶ月は、眼が乾燥しやすい状態になることがあります。

しみる感じ・異物感・痛み
術後1週間は、しみる感じや異物感、痛みを感じる場合があります。
この症状があったとしても、時間の経過とともに消失します。

ぼやける・見えにくい
手術直後にぼやけることがあります。しかしすぐに改善します。

視機能の低下(見え方の質の低下)
光がまぶしく感じたり、暗い場所では視力の低下を感じることがあります。
術後数ヶ月で改善されます。

矯正誤差
100%の精度で矯正を行うのは不可能であるため、誤差が出る場合があります。

屈折の戻り
術後に角膜の形が変化し、まれに術前の状態近くまで戻ることがあります。

乱視の増強・矯正視力の低下
乱視が出現したりする場合があります。

感染
傷口から最近が侵入して、感染症を起こすことがあります。

以上のような症状が出る場合がありますが、ほとんどが時間の経過とともに症状は改善または消失します。
術後の合併症などは重く考える必要は無いと思います。
このあたりは、カウンセリング時に医師に納得いくまで聞きましょう!

▽老眼手術後の 症状 と 合併症 のキーワード

▽次の記事、前の記事

老視矯正手術CKのQ&A | 老眼治療CK メリット 何がある?

老眼回復手術で老眼治療 おすすめCK案内所 : 新着記事

老眼矯正治療を受けられない方とは : 2009年2月 5日
老眼治療は老視矯正治療を受けられる条件を満たしていれば、みんなが受けられる訳ではありません。レーシック(近視矯正手術)といっしょで受けられない条件というものがあります。
老視矯正治療を受けられる条件 : 2009年2月 4日
老視矯正治療は、老眼になったら誰もが受けられる治療法ではなく、ある条件を満たしていなければいけません。
老眼治療とは : 2009年1月18日
老眼治療をすれば、老眼鏡をかけずに近くも遠くも見ることができるようになります。最新技術の老眼治療をすれば、そんな夢のような生活もすぐに手に入れることができるようになるのです。
免責事項 : 2009年1月13日
当サイトに来ていただきありがとうございます。老眼回復手術は、老眼を治療するという素晴らしい手術ですが、デメリットもあるということを十分承知して受けるようにしましょう。
老眼(老視)とは? : 2009年1月12日
老眼とは、一般的に40歳過ぎから眼の調節力が衰えて、近くのものが見えにくくなる現象を言います。”老”という文字を使っているため、老いの象徴のように思いがちですが、老眼は、30代前半で感じる方もいます。

▽老眼手術後の 症状 と 合併症 のレビューをブログに書く

ブログのネタに使う場合は、以下のリンクソースをブログに貼るだけでOKです。

▽老眼手術後の 症状 と 合併症 にトラックバックする

老眼手術後の 症状 と 合併症 のトラックバックURL:
http://www.niztek.com/cgi/mt-tb.cgi/6

▽老眼手術後の 症状 と 合併症 にコメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、
コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

 

 

 


今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

老眼回復手術なら品川近視クリニック

Copyright (C) 2008 All Rights Reserved 老眼回復手術で老眼治療 おすすめCK案内所